監督と電話

2014-09-16

高校の時に野球部に入っていて
ケガしてしまったり生意気なこと言って監督に怒られたり叩かれたり何時間も正座させられたり(;_;)
野球部の3年間は思い出したくないし挫折し悔しい日々でした。
今でもあの苦しい練習と怒った監督の顔が夢に出てきます。
高校生の仲間はあまりいません。
最後、野球部(監督)の考え、背番号を貰えない悔しさで後1ヶ月と言う時に辞めてしまいました。
情けないし人にもあまり野球のことは話さないできたし今では野球すら嫌いになってしまいました。
その監督とさっき22年ぶりに電話で話ができました。
優しい声であの当時のわがままな自分や監督に逆らったことをおわびしました。
監督は今が大事だよ。
過去のことは気にしなくていいと言ってくれました。
なんだか涙が出てきて嬉しかったです。
川崎北高校卒業して野球部のみんなに野球で負けたけど他で負けたくなくて監督に見返してやりたくて頑張ってパン屋で修行して
今の自分があります。
苦しい川崎北高校の経験も今となっては良い思い出だし良い経験だったし
あの悔しさがあったから社長までなれた気もします。
加賀谷監督ありがとう!!
そして社員に言いたいのは辛くて苦しくて、悔しい時あると思うけど前向きに頑張っていたらいつかそれが良い思い出になったり
あの時の辛さ苦しさ悔しさが自分の成長に繋がったことに気づくかもしれないこと
乗り越えてくれたら有りがたいです(*^^*)

Copyright© 2012 michipan co.,Ltd. All Rights Reserved.